一般社団法人 全国行動認知脳心理学会
心のコントロールは自分自身で
相手の立場に身を置いた
コミュニケーション技術
“大切なものは目に見えない”

当学会が大切にしている言葉です。

ご存知の方も多いと思いますが、全世界で8000万部以上のベストセラーとなっている著書「星の王子さま」の言葉です。

1990年以降のインターネットの世界的な普及により、現在では「ほとんどの物事がインターネットを通じて簡単に行える」ようになりました。

そう遠くない将来、人間がマニュアル通りに行える物事の多くがロボット(機械)によって自動化されているでしょう。

“心のコントロールは自分自身で”

しかし、どんなに文明が発展したとしても、人間の心まで自動化されることはありません。

そしてまた、私たち人間は、文明の利器に「心まで支配されてはいけない」のではないでしょうか。

自分の心を自分自身でコントロールしていかなければ、人生を主体的に生きることは出来ません。

不確実性の高い現代社会において、「心をコントロールする技術の習得」および「アダプタビリティ(適応能力)の開発」等を目的とした『心の教育』が必要不可欠であると私たちACBPは考えています。

“心の力を最大化する”

私たちACBPは”心の教育”を掲げ、人間の『行動・認知・脳・心理』という4つの領域を分析して構築した独自サポートを提供し、クライエントが本来持ち合わせている心の力を最大化して参ります。

その理念に基づき、一人でも多くの人々の心に寄り添い、自信と希望を与えていける存在であり続けたいと思っています。

お問合せはこちら